手相というと、多くの人が気になるのが知能線です。知能線は手のひらで親指と人差指の中間から中央部分まで横にのびる線のことを言います。この知能線で何がわかるのかというと、知性や才能などを表しているとされ、脳の働きにも関係していることから頭脳線と呼ぶこともあります。手相を見るときには、頭脳戦の長さやのびている向きによって、その人の持つ能力や適性などを占います。

薬指の下に差し掛かるくらいまでのびていれば平均的な人で、それよりも長いときには理知的なタイプそして短ければ感情的なタイプです。しかし理知的だから優れていて、感情的だとだめだと言うわけではありません。理知的なタイプは理屈で考えるので柔軟性にかけていることがありますし、時には感情的なタイプのように考えるよりも行動するほうがいい結果がでることもあるからです。そして線がのびている方向ですが、上向きだとビジネスなどに向いており、下向きだと芸術に向いているとされます。

知能性は長いほうがいいけど、手相というのは生まれつきのものだからどうしようもないと諦めてしまうかもしれません。しかし、手相は年齢とともに変化するものもあります。ただ手のひらのシワが深くなったという見方もありますが、生きてきて経験などを反映したと考えることもできます。それに、たとえ変化がなくても、知能線の上にペンをなぞって書くことで、望み通りの効果をもたらせるというやり方もあります。

知能線を長くしたいときには、薬指よりも先に伸ばせば大丈夫です。