片思いといっても、どれくらいの距離感かは、その人たちによって異なります。好きな人の気持ちを占いで占って見ながら、現実的なことにも目を向けましょう。占いをしている時にも、関係性を壊したくないというのが、友人かそれ以上かがわからない関係です。良い友人関係であれば関係は壊したくありませんが、恋愛感情があり片思いをしている本人は、それ以上の関係性を望むでしょう。

占いは確実ではないために、片思いは自分でどうなりたいかが重要になります。はっきりと友人以上になりたいと伝えるのか、そのままの友情を大事にするかも、迷いが出てくるところです。両思いになりたい気持ちがいくら強くても、恋愛にはそれぞれにタイミングがあることを知りましょう。相手が恋愛に興味がない時期なら、こちらの両思いになりたい気持ちは空振りするだけです。

逆に恋愛はそれほど興味がないと思っていても、人生の中には恋をするタイミングが訪れます。いつの間にか異性の良い理解者が、恋愛対象となることさえあります。友人関係で心をオープンにしていた人は、案外そうなりやすいものです。相手の恋愛スイッチの入ったタイミングで、頭に思い浮かぶような女性であることです。

好きな異性との恋の成就を望むのであれば、その人のよき理解者であることです。こちらからの猛アピールではなく、冷静に友人として彼の話を聞いて、理解してあげることで信頼を得ることになります。後は彼が、恋愛モードに入るのを待ちましょう。